• もりぞう様
  • 注文住宅
  • 関東・中部

企業理念の再構築からコミュニケーションづくりまで

国有林である“木曾ひのき”を使った、長寿命で快適な「100年住み継ぐ家」を日本各地で展開するもりぞう様。
関東を中心に、現在レオパレスグループの一員として注文住宅の設計・施工・監理を行っています。
企業の転換期からさらなる成長へ、社内の意思統一が必要であると判断。自社のブランドについて全社員に共通認識を持ってもらうため、
経営者と社員の方々を巻き込んで、企業理念策定を中心としたインナーブランディングに取り組みました。

【企業理念の再構築】
企業フィロソフィーの定着や社内のコミュニケーションに不足を感じていたもりぞう様。
オーダーは社員一人ひとりが誇りを持てる“ナンバーワンの会社”にしていくためのインナーブランドの強化、企業理念の再構築でした。
そこではじめに経営者へのヒアリングを行い、もりぞうの使命、目指す未来、大切にしている価値観を語っていただきました。
その中で出てきたのは「100年住み継ぐ家をつくり“森”を守ること」「最高の木材を使った“家づくり”」
「個を尊重し、長所を伸ばす“人”へのこだわり」の3つでした。
これをMission、Vision、Valueのフレームに整理し、一言で表す言葉として、『森に、人に、日本一の誇りを』というステイトメントを作成しました。

【行動規範の策定】
経営者ヒアリングより策定したMission、Vision、Valueから、具体的に落とし込んだ行動規範を定めるワークショップを実施。
全国から事業の中心となる社員を集めて実施。理念に基づいた行動とはどのようなものかを考え、
「個人の問題をチームの問題として捉える」「お客様と一緒に創り上げることを喜びとする」など多くの意見を出し、まとめていきました。
そして7つのカテゴリー・56の文章からなる行動規範が完成。回数を経るにつれ、社員の方々も熱を帯びていき、納得度の高い仕上がりとなりました。

【事業コンセプトの策定】
希少な建材「木曾ひのき」を守り、家づくりを行うもりぞう様の事業コンセプトの策定をお手伝いしました。
「木曾ひのき」の希少性と性能というスペックに隠れて、上手く伝えられていなかった提供する住空間そのものの魅力をどう伝えるかが、テーマでした。
そこで「すこやかでありたい」「自然体でいたい」と、あたりまえに人が求めていることを大切にするもりぞうの家での暮らしは、人間らしい暮らしだと考えました。
そして、もりぞう様の考える「人間らしさのものさし」を言語化し、新たなコミュニケーションの軸としました。

  • 企業ブランディング
  • 事業・商品ブランディング
  • 理念構築
  • WEBサイト
  • 動画
  • パンフレット

ステートメント・ミッション・ビジョン・バリュー・7アクト

「木曾ひのき」が生み出す人間らしい暮らしを伝える。

もりぞうが考える人間らしさの3つのものさし

品質に秘められたルーツを伝える会社案内

提供したい暮らしを伝える「豊かに暮らすものさし」

貴社に合わせた「ブランド構築」をご提案します

お問い合わせ・資料請求(無料)