論理思考のプランナーへGROW MY BRAND

BELIEVE MY BRAND石橋 一恵

2015年新卒入社

UNIIDEO

ユニィディオで働こうと思った理由とは?

社会や人に変化をつくる仕事をしたいと考えていたため、自分から柔軟に発信できる広告業界に絞って就職活動をしていました。最終的には地方の昔からある広告代理店よりユニィディオの方が会社の考え方や提案の仕方に共感ができたので、ユニィディオで働くことを決めました。広告をつくる前のブランド戦略を考えること、戦略をデザインに落とし込んで生活者に的確に伝えられることに納得感があり、自分も一緒につくりたいと思えました。

現在している仕事は?

ウェブサイトの運用を中心としたプランナー職です。ブランド構築からできたウェブサイトの、アクセス状況の解析・改善提案やウェブ広告の企画・運用方針を考えています。

ユニィディオに入ってからを振り返る

大変だなと感じたこと

クライアントとデザイナーに、互いの意図をきちんと伝えられるようにすることが大変でした。大学時代はサークルなど似た考えの人が多いので、きちんと整理しなくても何となく伝わりました。しかし、社会人になってからは、なぜこの企画が必要なのか、と目的を全員と共有しないと、デザインをやり直したり、想像していた結果に結びつかなかったり、といったことがよくあります。自分の考えを分かりやすい言葉で整理して伝えることは、難しいですがとても大切なことと感じています。

入ってよかったと感じたこと

自分の意見をしっかり聞いてもらえるところが良いと感じています。ユニィディオは、先輩だから・後輩だからという視点よりも、ユニィディオのプランナーとしてどう思うか、という視点で意見を聞かれ、また自分から情報を発信することができる環境です。新しいツールを導入しても良いかどうかを役員に直接相談できたり、プロデューサー職の先輩から広告内容について何が良いか聞かれて一緒に考えることができるのは、会社に認められている実感があります。

個人として得られたもの、成長したこと

特定のツールを扱う技術を優先的に取得できたのはありがたかったです。私の場合、入社1年目でアクセス解析をできるようになり、2年目ではFacebook広告の運用が自分ででき、3年目はGoogleやYahooのウェブ広告の運用指示が出せるようになりました。他の人がやっていない仕事を任せられたことも楽しかったですし、自分で調べながら知識を身につけ、より良い方法を探していく経験になりました。部下ができてからは、私一人でやっていた業務をルール化して整えていくよう心掛けています。自分一人でなんとなくやっていたものも、誰でも同じ品質でできる状態にすることが働きやすさにもつながると感じています。あとは上司として要点をまとめて簡潔に伝えられるようになっていきたいです。

ユニィディオを支える主役になる

論理思考のプランナーへ

数字で状況を判断できる分、論理的な思考を極めていきたいと思います。そして根拠を持って集客全体の仕組みや新しいコンテンツの提案をすることも心掛けています。そのうえで、実施後にどうなっていくのか仮説と検証を繰り返しながら、成果を出す運用ができるようになりたいです。

最後に、就職活動をしているみなさんにメッセージを。

ユニィディオは就職活動をする皆さんが、自分の実力を試しつつ、新しいことにも取り組める会社だと思います。ウェブに関するサービスは世の中の変化も早いため、常に情報を集め、対応していかないといけません。大きい会社だとなかなかその変化にすぐ対応しづらいこともありますが、ユニィディオは比較的すぐ決定し変わっていこうという意思があります。またクライアントがより良い状態になるために何が最適かを常に役員・社員問わず考える必要があり、半年や3ヶ月のスパンで変化するので、いつも新鮮な気持ちで働ける会社だと私は考えています。

BELIEVE MY BRANDそれぞれが主役に

ユニィディオの主役となっていくメンバーです。

BRAND CONSULTANTブランドコンサルタント

成功に導くコンサルタントに

PRODUCERプロデューサー

ここぞという時に頼られるプロデューサー

DESIGNERデザイナー

柔軟なデザイナーへ